北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2022年シーズン、朝日小屋の営業について

前の記事 次の記事

周辺の、登山道及び残雪の様子

2016-06-22

写真
「水平道」の雪倉側分岐 安全が確認されるまで、しばらくは『通行止め』

6.22

朝日小屋~朝日岳山頂~水平道分岐~小桜ヶ原~水平道

今日は、小屋から山頂周りで、小桜ヶ原まで、そして水平道の確認

雪解けは、やはり1ヶ月くらい早いようです。

未だ6月20日が過ぎたばかりだというのに、例年この時期には見たことのないような雪の少なさです。

ただし、くれぐれも、『雪がない、ワケではありません!!!』

雪解けの終わりの頃に見られるような特徴的な様子が見られ、うっかり雪の上に乗ると踏み抜きが心配な状態になっていたり、特に木道の上には、氷化した雪が残っていますので、転倒などに特段の注意が必要です。

また、蓮華温泉方面でも同じことが言えるのですが、ガスった時にはルートを見失いやすいので、装備としては地図・コンパス、そしてGPSなどの準備も大切です。

花の様子ですが、雪解けの早い場所、特に小桜ヶ原などでは、すでにハクサンコザクラが満開のところもありました。水芭蕉やリュウキンカなども、咲き出しています。

しかし、今すぐ出掛けてこないと、夏のお花が全部終わってしまうというようなことは、決してありませんから、安心してください。

全体的には、夏のお花が満開の頃に来たい、と仰るのであれば、

朝日岳周辺については、雪ももう少し解けたあと、登山道ももっと露出してくる7月10日以降あたり~海の日連休~、がよろしいのではないかと思われます。

朝日岳周辺では、いつ来られても、必ずお花たちに出会えますから。

登山道や残雪の様子、そしてお花の開花状況については、この先、何度も周辺の様子を確認に行きますし、その都度様子をUPしますので、また朝日小屋のHPや、このFacebookなどでお確かめくださいませ。

なお、水平道については、今しばらく安全が確認されるまで、『通行止め』とさせて頂きますので、了解願います。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

よく食べ、よく働き、そして・・・よく飲んで!

2016-06-22

写真
夕暮れに、何想う・・・雷鳥さん  朝日平にて

毎日、めいっぱい働いてもらっています。

2年目のやす子ちゃん、Pちゃん。

新人のえりちゃん、ハッセイ。

フル回転で大活躍の、助っ人のみなさん。

本当に、有難うございます!

今夜は、寒いので(!)

湯豆腐、山の幸の天ぷら、バイの煮付け、カツオのたたき、等など。

そして夕方、・・・そっと佇む雷鳥さん、発見!!!

写真
写真
写真

梅雨の晴れ間、夕暮れの時

2016-06-23

写真
雪倉岳、白馬岳、旭岳の山並み

今日、夕暮れの頃

朝から晩まで、ヘリで荷揚げされた荷物を仕分けし、掃除をし、惣菜作りに精を出し・・・
シーズン中のお客様をお迎えするべく、小屋の内外を整えるために、休む間もなく働いてもらっています。

今日は、雨の中を、4女の娘婿(!)=昔のアルバイト・竜士が、仕事仲間と一緒に上山してきてくれました。

午前中はどしゃ降りの雨の時間帯もありましたが、
夕方には、18日の小屋入り以来の気持ちの良い晴れ間に、山々がくっきり見えました。

みんなで、晴れ晴れとした気持ちになれた、夕方のひととき。

写真
写真
写真
写真
写真

おはぎ

2016-06-25

写真
谷口けいちゃんにも、今年こそは、朝日小屋で会いたかったな。。。

民子さんが、おはぎを作ってくださいました。

亡父の大好物。
みんなの仏前にも、お供えしました。
昔のアルバイト・サワが民子さんちに持ってきてくれたもち米を、ヘリで荷揚げしてきてくださいました。

連日のハードな仕事をこなしつつ、気持ちにゆとりを、ですね。

写真
写真

今シーズンは・・・

2016-06-25

写真
1階の部屋「大蓮華」 今シーズンからの使い方は・・・

今シーズン、朝日小屋『改革』の目玉(!?)

オフの間、いろいろ考えます。
山スキーして遊んでばかりでは、ありませんょぉ(苦笑)。
仲間と山を歩いていても、他の山小屋さんに遠征して泊まっていても。

常に思うのは、
「どうしたら、登山者のみなさんに喜んで頂けるか」
「朝日岳は素敵な山だった、朝日小屋に泊まって良かった、と言って頂けるにはどうしたらよいか」
それが、私の仕事だし、私たちの喜びだから、かな。

そして、今の朝日小屋に足りないもの(コト)は、と考えて、
『今シーズン、こんな改革をしたいんだけど、どう思う!?』と皆さんに相談したら・・・
大賛成してもらって・・・

何をどうしたかって・・!?
それは、朝日小屋に来られてからの、お楽しみ。
今のところ、ヒミツです!!!
たいしたことないんですけど、でも今までの朝日小屋とはちょっと違う感じに。

常連さんなら、すぐ気付かれるはず。
初めてのお客様にも、好評だったらいいな~。

え、管理人のアンタの笑顔が一番大事、だって!?
はい、ごもっとも、デス。

小屋の中も、少しずつ落ち着いてきました。
朝から雨降りだったけど、今日も今日とて、仕事にいそしむ関係者たちです。

写真
写真
写真
写真
写真

7月16日(土)は、残りあと僅か

2016-06-26

写真
6月18日、小屋開けのヘリコプターから

7月16日(土)は、残りあと僅か

すでに皆様にご連絡の通り、
今シーズンの「朝日岳山開き登山会」が、7月16日(土)~17日(日)の1泊2日で予定されております。今年に限り、登山会の一般公募は30名様、リーダーや関係者を合わせて、全体で約50~60名の参加が予定されております。

それによって、7月16日(土)の朝日小屋は、一般のお客様の宿泊(山開き関係以外)を50名様までとさせて頂き、これまでご予約を受付けてまいりました。

6月25日時点のご予約で、すでに定員に近くなっており、

残りはあと僅か、5名様ほどです。

誠に申し訳ありませんが、定員以上になりましたら、ご予約は締め切らせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

なお、7月17日(日)については、未だ定員(100名様)の半分程のご予約ですので、余裕がございます。

多分皆様、直前の天気予報などを確認の上でのご予約を考えておられることと思いますが、3連休ですので、直前予報が出ましたら、すぐに定員に達することも予想されます。

山行計画が決まりましたら、お早目のご予約をお勧めいたします。
(ただし、代表者氏名を違えての、ダブリでのご予約などはされませんよう、くれぐれもお願いいたします)

2015シーズンから、朝日小屋の定員は100名様となりました。
定員以上になりましたら、ご予約をお断りすることがございますので、何卒ご了解・ご容赦願います。

今シーズンの、朝日小屋Tシャツ

2016-06-26

写真
イラストレーター・成瀬洋平さんに描いてもらった、Tシャツデザインの原画

朝日小屋から、公開ラブレター(・・・微笑)

イラストレーター、成瀬洋平様

成瀬様、ご無沙汰しております。
過日は、いろいろとご面倒をお掛けいたしました。

お陰様で、Tシャツも予定通りに納品され、無事にヘリコプターにて小屋に届いております。

小屋開け前後のドタバタで、お礼の連絡もせずにおりましたが、小屋の中も少しずつ落ち着いてきて、今日ようやく売店に飾り付けすることが出来ました。

小屋のスタッフと関係者には1着ずつプレゼントしましたが、皆にすこぶる好評で、山歩きだけでなく、街着としてもぜひ着たいと言ってくれています。

頂いた葉書にもありましたが、今シーズン中には、ぜひ成瀬さんと朝日小屋で再会したいと思っております。

北アルプスの最北に佇む、朝日岳
お花畑のど真ん中に建つ、朝日小屋
北アルプスから日本海へと続く、栂海新道
秋の紅葉も素晴らしい、静寂の朝日岳
そして・・・ゆっくり流れる、山の中に居る時間を感じて欲しい、朝日平

ぜひぜひ、ゆっくりスケッチをしに、出掛けてきてください。
ご連絡をお待ちしております。

取り急ぎ、御礼まで。

朝日小屋、清水ゆかり

写真
写真
写真

6月末なのに、寒い一日

2016-06-26

写真
今朝の朝日平 ラジオ体操も、寒すぎて小屋の中で

寒い一日・・・

今日は朝から気温が上がらず、一日を通して震えるような日で、最高気温も7℃程でした。
今朝6時、朝日平の気温は、4℃足らず。
白馬山荘さんのFacebookでは、その時間帯に雪が舞ったという情報が載っていましたね。
さすがに7月近いこの時期に、3,000m級の白馬岳でも雪が舞うのは珍しいと書いてありました。

寒い一日でしたが、朝日小屋はいろいろと熱気に包まれ、皆仕事に精出していましたょ。

蓮華温泉から日帰りで、元アルバイトのアッキーが訪ねてきてくれました。
さすが、若い!喜ぶ顔(誰の?)が見たくて、日本酒をザックの中に忍ばせて・・・

なかなかスッキリしないお天気が続いています。
一気に咲き出すかと思われた花たちも、ここに来て開花は、少々足踏み状態か!?
お花の写真も、タイミングを逃してばかり。
明日は晴れそうなので、カメラ片手に小屋の周りをウロウロしたいですね。

一方で、アッキー情報では、「花園三角点」付近で、ニッコウキスゲが見頃だったとのこと。
やはり、今年の夏は早い。。。

梅雨が明けて、登山者の皆さんが思い切り夏山を満喫できる日が、早く訪れてほしいものです。

写真
写真
写真